B’zの良さは楽曲?ライブ?人柄?…いいえ、全部です!

まず単純にお二人の作る音楽が良い!1988年のデビュー以来色々な楽曲を作られていますが、そのどれもが良い曲だと思います!昔のミリオンをはじき出したヒット曲だけでなく、今現在も精力的に活動し、良い曲を作られているのは凄いことだと思います。
膨大な数の楽曲のほとんどが作曲・松本孝弘、作詞・稲葉浩志ですが、イントロを聞いただけで(それが初めて聞く曲だったとしても)一瞬で「B’zの曲だ!」と分かるくらい一気に世界観に飲み込まれます。間奏の松本さんの超絶ギターテクは格好良すぎる!!そして稲葉さんの紡ぐ言葉の数々が心に突き刺さる歌詞です。B’zを好きになったのは小学生の時ですが、20代になった今、小学生の時によく聞いていた曲を聞き直すとまた違った歌詞の重みを感じます。
そしてB’zのライブは圧巻の一言です!CD音源で聞くよりも何倍も迫力があり、会場の一体感は凄まじいです。広い会場でライブを行うことが多いのですが、会場の大きさに負けない素晴らしいパフォーマンスを絶対に見せてくれます。あと親がファンっていうパターンが多いのでしょうか?若い人も結構多いんですね。私含め(笑)。ファンの年齢層の広さは長く活動しているからこそ、なのかもしれません。

そしてそして!松本さん、稲葉さんの人柄も大好きです。ずっと第一線で活躍されているのにも関わらず謙虚で、温かい人柄を感じます。ライブ等でもあまりよく話す方ではないのですが、一言一言を大切に紡いでいる印象があり、まだ20代の自分にとっては勉強になることばかりです。また、あまりメディア露出しないのでクールなイメージを持たれていると思うのですが、実は二人共結構面白い(笑)ユーモアも持ち合わせているところがさらに魅力的です。
今はお互いソロ活動をしているところですが、ソロの作品もまた違った良さがあります。松本さんの日本武道館公演に参戦しましたが、相変わらずの盛り上がりでとても楽しかったです♪
ま、一番はやっぱり二人揃っている時なんですけどね♪笑