情熱と理論を兼ね備えた男、武井壮

どれだけ落ち込んでいたり、物事に対するモチベーションが下がっているときにも、武井壮さんの言葉を聞いていると頑張ろうと思わせてくれます。
テレビでは動物の倒し方を語ったり、百獣の王と名乗ったり、おちゃらけた感じの一面が前面にでていますが、ラジオや冠番組などを見聞きしていると、実は物凄く理論派でしかし感情というものを非常に大切にしている方だということがわかります。
武井壮さんは「毎日自分史上最高」という目標を掲げて、どれだけハードワークしたあとであっても、必ず毎日1時間のトレーニングと、知らないことを調べる時間を1時間自分にプレゼントしてあげているそうです。
自分を鍛えること、勉強することを自分へのプレゼントと捉えていることも非常に勉強になる考え方で、私もこのような視点で学ぶことをみるようになってから勉強することが楽しくなりました。
さらに高いレベルへ上り詰めるために毎日自分を成長させてあげることで、知識レベルでも経済的な面でもさらに充実感を得ることができます。
単にポジティブに考えるだけでなく、アスリートらしく辛い局面からどうやって自分を上げていくのかということをたくさん語ってくれるので、武井壮さんの言葉を聞くとスポーツに関わるような人でなくても、厳しい状況にある人は誰でも気持ちを高めることができると思います。
人と比較するのではなく、昨日の自分より確実に成長しているという状態を毎日繰り返すことで、気付いたころにはとんでもない場所にたどり着くのだということを自ら実践して示してくれているので、生きるお手本と言えると思います。
また価値とは何なのかということの考え方も非常に参考になります。
価値とは人に求められて初めて生まれるもので、どれだけ高い技術をもっていてもそれを自分の内に置いておくだけでは何の価値もないのだというものです。
十種競技で日本チャンピオンになってもまったく周りの人が自分の存在を認知してくれなかったという経験からそういう考えに至ったようです。
これは本当にその通りだと私も感じています。
武井壮さんはこれだけに限らず幅広い知識と深い洞察力をお持ちで、ここで書いただけで伝えきれないほど本当に魅力的な方なので、ぜひ多くの方に知っていただきたいです。

マツコデラックスさんはやっぱり素敵な女装家

好きなところはたくさんありますので絞って1つずつ書いていきます。
1番好きなところは毒舌なのに適切な回答が言えるということです。毒舌なのに、言いたい放題なのに、でも憎めないって感じです。テレビを見ながら思わず頷いてしまうことばかりです。深夜番組だけでなく、最近はCM等、大活躍しているマツコさん。大好きです。
2番目に好きなところは、体型です。
ふくよかというより、でかい。っていう印象なのになんだか暖かい感じが伝わってきます。
本当は優しい人かなぁって思ってしまいます。
人情味が伝わってくるし、人間味も伝わってきます。
あと、体型が大きいのに清潔感しかない。って感じですね。手の動きがテレビを見てる限りでしかわかりませんが、上品な感じがします。
例えば、食べ物を食べるとき、手を添えるなど今の綺麗なモデルさんでもなかなかやらないことをやっているのですごいなぁと思います。
3番目に好きなところは、服装。
いつも自分に合う服装を知っているというところです。
あのサイズって特注だと思うのですが、いつも華やかだけれども体に負担のない格好してます。いつも、あの服楽そうだなぁーって思いながら見ています。色使いも、季節に合わせてきているんだろうなぁって思って見ています。
メイクもばっちり決まってますしね。


素敵ですよね。
私の中で、マツコさんは、はっきりした気持ちを言葉で伝えてくれる素敵な女装家だなぁって思います。
私も性格は、サバサバ系です。だから余計に共感できるのかもしれませんが、憧れの存在が私の中でマツコさんが断トツ1位ですね。
テレビでしか見てないので全てがわかるわけではありませんが、大好きです。
毒舌なのに適切。なおかつ豪快な食べっぷりなのに綺麗な食べ方。また、清潔感があり華やかさが伝わる。そして人間味も、人情味もある。
実際、テレビをあまり真剣に見ない私ですが、マツコさんの出るテレビは予約してまで見ているほどです。本当に楽しませていただいてます。

悪役が似合うのに嫌われない不思議な魅力を持つ俳優

今や、スカッとジャパンのイライラするクレーマーや、警視庁9係での空回っている刑事役で有名な津田さんですが、私が津田さんを好きになったキッカケは、映画の模倣犯を見たことでした。
当時私は、同映画に出演していた別のかたを目的に見に行って、津田寛治さんという俳優さんの存在も知らなかったのですが、映画での津田さんの演技を見た瞬間から、その演技に引き込まれていきました。
当時中学生だった私ですが、初めて悪役というか、凶器的な役に引き込まれ、カッコ良さを感じました。
それから、津田寛治さんが気になり出して、色々と見るようになりました。
津田さんは基本的には悪役が多いのですが、それぞれの役にとてもすんなりと入り込んで見れます。
だからと言って、津田さん本人が、気難しい人かと言うと、そうではなく、バラエティー番組やトーク番組に出ると、どちらかというと優しくオットリしていて、更に、お子さんがいるためか、小さな子供への対応も、とっても優しくて、良きパパの顔がかいま見えます。
更に、冒頭でも話したように、最近では、どちらかというと、ヘタレ的な役が多いですが、それも非常にどれもピッタリで、見ていて面白いです。


ここまで、悪役からヘタレ役、優しい姿まで、どんな役にもピッタリ入り込み演じることが出来る津田寛治さんは、とても素晴らしい俳優さんだと思います。
これほどまでに、様々な顔を演じることが出来、更に、悪役が多いにも関わらず、嫌われるどころか、どちらかというと好かれるタイプの俳優さんは、なかなかいないのではないかと思います。
私の個人的な好みになってしまうかもしれませんが、私からすると、津田さんの容姿も完璧で、とてもカッコいいと思います。
おじ様世代(というには、まだ若いかもしれませんが…)で、これほどまでに、容姿も演技も完璧な人はなかなか居ないと思っています。
年代的に、津田寛治さんが好きだと言うと、周りからは渋いと言われますが、そんな事が気にならないくらい、本当に大好きです。