マツコデラックスさんはやっぱり素敵な女装家

好きなところはたくさんありますので絞って1つずつ書いていきます。
1番好きなところは毒舌なのに適切な回答が言えるということです。毒舌なのに、言いたい放題なのに、でも憎めないって感じです。テレビを見ながら思わず頷いてしまうことばかりです。深夜番組だけでなく、最近はCM等、大活躍しているマツコさん。大好きです。
2番目に好きなところは、体型です。
ふくよかというより、でかい。っていう印象なのになんだか暖かい感じが伝わってきます。
本当は優しい人かなぁって思ってしまいます。
人情味が伝わってくるし、人間味も伝わってきます。
あと、体型が大きいのに清潔感しかない。って感じですね。手の動きがテレビを見てる限りでしかわかりませんが、上品な感じがします。
例えば、食べ物を食べるとき、手を添えるなど今の綺麗なモデルさんでもなかなかやらないことをやっているのですごいなぁと思います。
3番目に好きなところは、服装。
いつも自分に合う服装を知っているというところです。
あのサイズって特注だと思うのですが、いつも華やかだけれども体に負担のない格好してます。いつも、あの服楽そうだなぁーって思いながら見ています。色使いも、季節に合わせてきているんだろうなぁって思って見ています。
メイクもばっちり決まってますしね。


素敵ですよね。
私の中で、マツコさんは、はっきりした気持ちを言葉で伝えてくれる素敵な女装家だなぁって思います。
私も性格は、サバサバ系です。だから余計に共感できるのかもしれませんが、憧れの存在が私の中でマツコさんが断トツ1位ですね。
テレビでしか見てないので全てがわかるわけではありませんが、大好きです。
毒舌なのに適切。なおかつ豪快な食べっぷりなのに綺麗な食べ方。また、清潔感があり華やかさが伝わる。そして人間味も、人情味もある。
実際、テレビをあまり真剣に見ない私ですが、マツコさんの出るテレビは予約してまで見ているほどです。本当に楽しませていただいてます。

悪役が似合うのに嫌われない不思議な魅力を持つ俳優

今や、スカッとジャパンのイライラするクレーマーや、警視庁9係での空回っている刑事役で有名な津田さんですが、私が津田さんを好きになったキッカケは、映画の模倣犯を見たことでした。
当時私は、同映画に出演していた別のかたを目的に見に行って、津田寛治さんという俳優さんの存在も知らなかったのですが、映画での津田さんの演技を見た瞬間から、その演技に引き込まれていきました。
当時中学生だった私ですが、初めて悪役というか、凶器的な役に引き込まれ、カッコ良さを感じました。
それから、津田寛治さんが気になり出して、色々と見るようになりました。
津田さんは基本的には悪役が多いのですが、それぞれの役にとてもすんなりと入り込んで見れます。
だからと言って、津田さん本人が、気難しい人かと言うと、そうではなく、バラエティー番組やトーク番組に出ると、どちらかというと優しくオットリしていて、更に、お子さんがいるためか、小さな子供への対応も、とっても優しくて、良きパパの顔がかいま見えます。
更に、冒頭でも話したように、最近では、どちらかというと、ヘタレ的な役が多いですが、それも非常にどれもピッタリで、見ていて面白いです。


ここまで、悪役からヘタレ役、優しい姿まで、どんな役にもピッタリ入り込み演じることが出来る津田寛治さんは、とても素晴らしい俳優さんだと思います。
これほどまでに、様々な顔を演じることが出来、更に、悪役が多いにも関わらず、嫌われるどころか、どちらかというと好かれるタイプの俳優さんは、なかなかいないのではないかと思います。
私の個人的な好みになってしまうかもしれませんが、私からすると、津田さんの容姿も完璧で、とてもカッコいいと思います。
おじ様世代(というには、まだ若いかもしれませんが…)で、これほどまでに、容姿も演技も完璧な人はなかなか居ないと思っています。
年代的に、津田寛治さんが好きだと言うと、周りからは渋いと言われますが、そんな事が気にならないくらい、本当に大好きです。

私の青春時代は浜崎あゆみでした。

高校生の頃から大好きです。
あゆの歌や詞に何度も助けられました。
好きな歌詞がたくさんあります。
車の中で今も時々、あゆの歌をかけて、熱唱しながら運転をしたりもしています。
pvも見ます。
全てがカッコよくて、可愛くて何度見ても飽きません。ネイルもいつも可愛くてpv見ながらネイルを凝視してしまう事もあります。
辛い時はあゆの歌を聞いて、号泣してスッキリして寝るのが私流で、いつも、あゆの歌に救われています。
髪型も、いつも可愛くて真似してあまりのギャップにショックを受けたり…笑
最近はあまりテレビに出ないので残念です。
久々にテレビで歌っている、あゆが昔の歌を歌っているのを見ると、嬉しくて泣けます。
あゆの歌を青春時代からずっと聴き続けていたので、あゆの歌ひとつひとつに、思い出があって、曲を聴くとその時の記憶が蘇ります。
幸せだった思い出、辛かった時にいつも聞いた曲、彼といつも聞いた曲、彼が好きだった曲…。
高校生の頃はカラオケに友達と行って、SEASONSは早い者勝ちでした。
エムステであゆが、ひまわりの衣装を着て歌っていた姿が可愛すぎて、あの夏はひまわりをカゴバックにつけてました??
あゆの詞は、心にいつもあります。
辛い時はwho…を聴いています。
たぶん、私の人生の中で1番聴いた曲がwho…だと思うくらい聴いています。

昔みたい、あゆにもっとテレビに出て欲しいです。あゆの番組がまた見たいです。

あゆは、私にとっていつまでも1番のアーティストです。
あんな素敵で心に刺さる、同感できる詞を書いて、歌ってくれる、あゆが私はこれからも大好きです。
私には今、2人の娘がいます。
娘達はまだ小さいので、歌詞の意味は分からないと思います。
もう少し大きくなって、恋をしたり、辛い事があった時には、あゆの歌を娘達にも聴かせてあげます。カラオケであゆの歌を娘と一緒に歌える日が楽しみです。
いつか一緒にライブにも行けたら幸せです。
浜崎あゆみという人間がいて、素敵な歌をたくさん作ってくれて、私はたくさん強くなりました。

B’zの良さは楽曲?ライブ?人柄?…いいえ、全部です!

まず単純にお二人の作る音楽が良い!1988年のデビュー以来色々な楽曲を作られていますが、そのどれもが良い曲だと思います!昔のミリオンをはじき出したヒット曲だけでなく、今現在も精力的に活動し、良い曲を作られているのは凄いことだと思います。
膨大な数の楽曲のほとんどが作曲・松本孝弘、作詞・稲葉浩志ですが、イントロを聞いただけで(それが初めて聞く曲だったとしても)一瞬で「B’zの曲だ!」と分かるくらい一気に世界観に飲み込まれます。間奏の松本さんの超絶ギターテクは格好良すぎる!!そして稲葉さんの紡ぐ言葉の数々が心に突き刺さる歌詞です。B’zを好きになったのは小学生の時ですが、20代になった今、小学生の時によく聞いていた曲を聞き直すとまた違った歌詞の重みを感じます。
そしてB’zのライブは圧巻の一言です!CD音源で聞くよりも何倍も迫力があり、会場の一体感は凄まじいです。広い会場でライブを行うことが多いのですが、会場の大きさに負けない素晴らしいパフォーマンスを絶対に見せてくれます。あと親がファンっていうパターンが多いのでしょうか?若い人も結構多いんですね。私含め(笑)。ファンの年齢層の広さは長く活動しているからこそ、なのかもしれません。

そしてそして!松本さん、稲葉さんの人柄も大好きです。ずっと第一線で活躍されているのにも関わらず謙虚で、温かい人柄を感じます。ライブ等でもあまりよく話す方ではないのですが、一言一言を大切に紡いでいる印象があり、まだ20代の自分にとっては勉強になることばかりです。また、あまりメディア露出しないのでクールなイメージを持たれていると思うのですが、実は二人共結構面白い(笑)ユーモアも持ち合わせているところがさらに魅力的です。
今はお互いソロ活動をしているところですが、ソロの作品もまた違った良さがあります。松本さんの日本武道館公演に参戦しましたが、相変わらずの盛り上がりでとても楽しかったです♪
ま、一番はやっぱり二人揃っている時なんですけどね♪笑

プロフィール程大きな先入観はない

「私は28歳、アメリカ人。会社は○○ここでは大手と仮定しよう」

さて、ここでちょっとなにを思ったか考えてほしい。まず28と言う年齢。多分多くが結婚適齢期だと思い、女が結婚を焦る時期だと思ってる。
もう少しで30だから、あなた焦ってるわよね?みたいな、自分が28だった時を比べてる人も多いのではないか?
さぁ次に私の会社を見る。大手、、、じゃぁこの子お金あるのね。
アメリカ人、、、英語もしゃべれるんだから頭もいいかも。日本語も普通に話してるし。

なーんちゃって。実際の私とは大きくかけ離れている

私とろくに話した事ないのに、私のプロフィールを見ただけで、勝手に判断する人は多い。
これは本当に人間の悪い癖であり、世の中結構「あの人の年齢は?」と気にしながら会話する人も多く、相手が「上か?下か?」にこだわったりする。

しかし、私は言いたい。おおよそのプロフィールなんて人付き合いでは必要ない。
むしろ人付き合いに自信がある人程、相手のプロフィールなんて気にする必要はないのだ。

私は思ってる。相手の年齢やプロフィール、気になるのって自分に自信がないからじゃないの?って。
自分の立ち位置を固定しないと安心して会話ができない。それはあなたの会話が下手だから以外理由なんてないんである。

むしろ会話の中で相手と言うものがわかってくる。相手を掴みたいなら、ちゃんとした話をしたいなら、プロフィールから入るのは辞めるべき。
なぜならプロフィールは実にあなたの足りない人生経験で勝手に作り出したイメージにしか過ぎない。

28歳の私は結婚願望もない。英語も話せない。むしろ早く30越えたいと思ってる。30越えた自分に早く会いたいのだ。

せめて人間25越えたら誰にでも初対面は敬語を使おう。自分の為ではなく、相手の為に。そして、本当に見るのは経歴じゃなくその人の人格。
どんなに高学歴でも大金持ちでも中身が立派だとは限らない。
だから、ちゃんと心の目でみよう。それが人間関係失敗しない方法である

http://www.yessirbags.com/
http://www.prbiomedical.com/
http://www.savannahgaylesbianfilmsociety.com/
http://www.yuuudai.com/
http://www.greatcholesterollie.com/
http://www.orgumodasi.com/
http://www.dcednews.com/